テック系株暴落・他は堅調だった月[株式投資日記]

2月後半は、テック株が急落したり、コモディティが上がったりとなかなか色々な出来事がありました。
ビットコインも急上昇から月末急下降という相場でしたね。
一方、今までコロナ前の水準まで戻っていなかった、旅行や交通系の株など、いわゆるバリュー株と言われる銘柄は回復基調を見せた月末でした。3月以降は、このまま下降トレンドのままなのか、ちょっとづつ回復するのか楽しみですね。

自身のトレード結果

Palantir Technologies(PLTR)

シャオペン ADR(XPEV)

RLX テクノロジー ADR(RLX)

2月中頃にも書きましたが上記テック系銘柄が絶不調。長期保有も見据えてロスカットしないと決めて放置したんですが、思った以上に下がってしまいました。とはいえ後の祭りなので、よほどのことがない限りそのまま保有。

インドネシア株

少し上昇しましが、ほとんど横ばい状態で終わりました。最後は米国株に釣られてか下がっていたので3月は要注意な気がします。

ソフトバンク(モバイル)

ソフトバンクは、ほんと堅調に上がっています。
日経が派手に上がったり落ちたりしてる中、じわじわ上がり続けているので保有。配当利回りも良いのがGOOD。

フロントライン(FRO)

Q4も発表されましたが、概ね市場の予測通りの着地。2月は月末少し下げましたが好調と行って良いと思っています。
ビジネス内容が極端に変わったりするわけでもなく、コロナ後じっくり回復してくれれば良いなと思っています。

自己資産の増減とまとめ

1月末時点の円換算資産額と2月末の円換算資産額を比べると、-0.05%となりました。
テック株の暴落が最終結果には響きましたが、良いところもあったと思います。

UBERなど月初に利益確定できた銘柄があった

テック株をちょっとづつ利益確定できたのがよかったです。

為替が円安に動いている

今回株価が不調なのに結果、ほぼ先月のままとなっている原因としては、為替の影響も大きいと思います。
保有資産の2/3は、ドル建て資産なので、円安の影響をとても受けてますね。

今月で一番印象に残った出来事は、「AVINO SILVER & GOLD MINES」を一時買ったのですが、すぐにロスカットしました。
その時に、ロスカットした金額が、自分の月収程度になったことですね。
なんとなく、数字でしかみてなかったで気がつかなかったのですが、後から気がついて「増えたな」と思いました。
次の目標は、年収ですね(笑)
ロスカットの金額が自分の年収(給与所得の)になったら嬉しいですね!
トレードに関しては、今月末は良いところがなかったです。高いところでテック株を買ってしまったのが悔やまれます。
そしてやはり、ロスカットし損ねたところ。住友商事株の時も同じことを感じていたと思います。
でも、長期保有という考え方だとどうしてもこの辺りは、無視するのがセオリーなのでしょうか。


コメントを残す 0

Your email address will not be published.

five + thirteen =