[Node.js]node.jsのインストールとnpmの使い方の簡単な説明

Node.jsのWindowsへのインストールについて説明します。

参考URL

Node.jsホームページ(英語)
npmを最新にする(英語)

1.ファイルをダウンロード

Node.jsホームページ(英語)
こちらのページにアクセスして、ダウンロードします。

2020.5.20現在ですが、
v12.16.3 LTS
v14.3.0 Current
がダウンロードできます。
v12は古いバージョンですがLong-term Supportの対象です。
Nodeはバージョンが変わるのが早いのですが、偶数バージョンはLTSで長くサポートされます。
奇数バージョンはサポートが短いです。例えばv14は2023-4-30までサポートですが、次のv15は2021-6-1までです。
詳細は下記URL参考
node.js Releases

Node.jsのバージョン管理とかも入れるといいのですが今回は割愛します。
ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとインストールが始まります。
これでnode.jsを使用する準備は完了です。

2.command promptでチェック

WindowsなんでCommand promptです。
またnode.jsをインストールするとnodeフォルダの中に「node.js command prompt」というショートカットもできます。

node -v

コマンド上で上記を入力するとノードのバージョンがでてきたら無事インストールされています。
ついでに

npm -v

とやるとnode.jsのパッケージをコントロールするnpmのバージョンも調べられます。

3.npmの使い方

node.jsのさまざまなパッケージをインストールできます。
package.jsonを共有することで開発者同士で環境を共有することもできます。

簡単なコマンドを紹介します。

現在のディレクトリでnpmを使えるよう初期化します。package.jsonが生成されます。

npm init -y

下記で現在のディレクトリに「パッケージ名」をインストールできます。

npm install パッケージ名

例)コマンドプロンプトが

c:\project\test>

と表示されていた場合はtestディレクトリの中にインストールされます。

// package.json
{
  "name": "test",
  "version": "1.0.0",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "author": "",
  "license": "ISC",
  "keywords": [],
  "description": ""
}

必要があれば適宜書き換えます。keywordsなど例に。

  "keywords": [
    "node",
    "javascript",
    "express"
  ],

パッケージのインストール

npm install パッケージ名

上記を実行することで「パッケージ名」をインストールすることができます。
オプションで

--save      package.jsonのdependenciesに追記する
--save-dev  package.jsonのdevDependenciesに追記する
-g          local環境のグローバルにインストールする

–saveの例)

npm install express --save

パッケージをインストールするとpackage.jsonに追加されます。
パッケージは次の例を見てください。[dependencies]と[devDependencies]に記載されています。

{
  "name": "test",
  "version": "1.0.0",
  "dependencies": {
    "express": "^4.13.3"
  },
  "devDependencies" : {
    "gulp": "^3.8.10"
  }
}
  • dependencies:製品版(本番)で必要なアプリケーション
  • devDependencies:開発環境でのみ使用するアプリケーション

パッケージのアンインストール

npm uninstall パッケージ名

パッケージをアンインストール(削除)したい場合に使います。
package.jsonからも削除する場合は、–saveをつけて実行。
グローバルから削除する場合は -gをつける。

パッケージのアップデート

npm install パッケージ名

すでにインストールされているパッケージをもう一度実行すると、パッケージがアップデートされます。

npm update

インストールされているパッケージをすべてアップデートします。

npm outdated --depth=0

アップデートが存在するパッケージを表示します。

npm自体をアップデートしたい場合

npmのアップデートもinstallを使います。この場合は管理者権限で入らないといけない場合もあります。(command prompt起動時に右クリックで「管理者として実行」)

npm install npm@latest -g

上記を実行すると最新バージョンがインストールされます。

node.jsとnpmのインストール方法をざっくりと紹介させていただきました。

ちなみにnode.jsはcommand上で実行する場合は

node sample.js

といった感じで実行できます。私はあまり使用しないのですが参考まで。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

One thought on “[Node.js]node.jsのインストールとnpmの使い方の簡単な説明”